まずは上洛の報告を

WriteOnImage636482762727963083.png


京都に着いて、最初に訪れるのは東寺と決めています。
あの仏像の方々に上洛の報告といったところでしょうか。
(健康で、楽しく働いて、また京都に来られたことに感謝!)
八条口デリバリーサービスから本日の宿へ荷物を託したら、
まずは意気揚々と近鉄京都線へ。
ぐぃーんとカーヴを描いて南下する景色にウキウキ。
ひと駅で下車。
九条通りを西へ進むと見えてくる五重塔と塀。
入場は南から、とこれも決めています。
南大門から入った方が、来た!感が盛り上がるためです。
金堂→講堂→食堂→(宝物館)→御影堂
こんな順序でお参りします。
日光・月光像や五大明王、梵天etc好きな仏像が目白押しですが、
一番好きなのは、兜跋毘沙門天さまです。
宝物館が開くのは“ええシーズン”だけなので、
毎回お会いできるとは限りませんが。

WriteOnImage636482759747795737.png
『東寺-生命の宇宙-』立木義浩 集英社 より抜粋

かっこいいですよねぇ。
宇宙一ファッショナブルだと思います。
このお方、羅城門の上にいらっしゃたのでしょう?
どのように祀られていたのか、妄想するとクラクラします。
今は素敵にライトアップ付きで安置されていますけど、
20数年前に初めて見たときは、ガラスケースに入って、
階段の踊場に置いてあったような?夢?
国宝、重文がごろごろしている東寺らしいと申しますか。。。
ああ~いいところだなぁ!

ーところが、こちらのお寺で焚かれているお香(風信香?)
が体質に合わないようです。
参拝が終わる頃には、うっすらと頭痛が始まっています。
もしかして、わたしが邪鬼?お祓いされちゃった?
と軽く被害妄想にかられつつ慶賀門から出れば、
京都の街に自分を合わせる準備が調っています。

東寺(教王護国寺)
〒601-847 京都市南区九条町1番地


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村